テレビと演劇

昨日はブログに書いたようにフジテレビでお芝居を観てきました。
最近、「役者魂」とか「下北サンデーズ」など、演劇の世界のドラマも放送されましたが、私は演劇ブームというのをついぞ聞いたことがありません。

なぜ、演劇はブームにならないのでしょうか?


まず、本物を見ないと面白さが伝わらない。テレビ等で放送されても、舞台の“生(ナマ)”の面白さは、なかなか伝わってきません。

劇場というリアルな許容量=演劇ファンの限界ということもあるかもしれません。小劇場だと観客数が少なく、大きくなると舞台・役者との距離が開いてしまう。

さらに公演数の限界。およそ小・中劇団だと1作品を1日2ステージで1週間、長くても2週間の公演です。そして次の作品の公演は半年後。

こうした条件から、どんなに人気の劇団でも絶対的にファンの数が限られてしまい、社会的なブームには至らないということでしょうか。

もしテレビで舞台の魅力が伝わるようになったら、または舞台がもっと多くの人に観られる工夫ができたら、演劇ブームが来るのかもしません。

実はにテレビで演劇の放送をしていないわけではないんですけど、やっぱり視聴率は良くないんでしょうね。だってゴールデンタイムで放送されたことないから。

私が以前楽しみにしていた日テレの『劇場中継』も、月1回の不定期で深夜に放送してました。

夜眠れずに何気なくつけたテレビが『劇場中継』で、この回は劇団岸野組の 「鞍馬天狗になれなかった男」でした。とても面白い作品で、それから毎回放送を楽しみにしていたのですが、放送スケジュールもほとんど発表されず、しまいにはいつの間にか放送されなくなってしまいました。

今だに残っている公式サイトには終了した旨も記載されておらず、閉鎖もしないで放置状態。この番組の扱いを物語っているようで悲しい。→今も残る劇場中継のサイト

つぶやき
「演劇」

  • RT @NagaokaMail: 今号で、ナガオカさんは「わかりにくいものは、わかりにくいままでいい」と書きました。 「芸術や演劇は表現者の“答え”なのではなく“問い”である。」という鈴木忠志さんの言葉を受けて、観る側は、大いに問われ、大いに仲間と議論すればいいということです…
  • これだけは、しゃーない。 まだ、1ヶ月はあるし_(:3 」∠)_ 何か変わるわけでもないし_(:3 」∠)_いつもどうりだし?_(:3 」∠)_ 演劇辞めるわけでもないし?_(:3 」∠)_僕は僕だし_(:3 」∠)_

関連商品「演劇」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「旅行」の記事

おすすめの記事