旅行

メディア芸術祭に行ってきた

去年の震災の影響なのか、応募作品が少なかったのか、会場が分散してるせいか、規模がかなり縮小してしまった感じ。

一箇所ですべて見られないのはちょっと不便。
それと今年は残念ながら個人的に目に留まる作品は見当たらなかった。
去年なら「10番目の感傷(点・線・面)」という作品が印象に残ったんだけど、、、
そんな中、つい全話読んでしまったのが審査委員会推薦作品のひとつ「戦うグラフィック!
グラフィックデザイナーである西野杏さんの日記漫画で、アメブロで公開されてます。

メディア芸術祭

広重展

現在開催中の「広重展」が明日までということで、もらったチケットがあったのでサントリー美術館へ行ってきました。

絵自体の美しさよりも江戸の風物が面白かったです。
感想はこちらのブログに書きました。

広重

エルメスのサンタ

銀座にあるエルメスのビルのソニービルに面したほうに、馬がソリをひくサンタのオブジェが展示されてました。

通りに入っただけじゃわかりにくくて、正面近くまで行かないと気がつかないかも。



エルメス

逆さにすると

水面に映った写真を逆さまにしたら絵画みたいに見えました。ホント、そのまま反転しただけです。

ちなみに撮影場所は皇居周辺。

デジタル一眼

希望の翼

そろそろ街もクリスマスモード。
銀座にも何やらオブジェが現れました。

どんなモノかと思ったら、、、


とてもきれいなイルミネーション

公式サイトを見ると、翼の形がいろいろあるみたいです。
写真に撮ったのは「絆」の翼。
GINZA ILLUMINATIO 希望の翼

でも、昼間はちょっとさびしいですね。

イルミネーション

旧古河庭園に行ってきました

そろそろ都内も紅葉してるかなぁと、旧古河庭園に行ってきました。

まだそれほど色づいていませんでしたが、バラの花が楽しめました。
写真は旅行用サイトで

東京散策

皇居周辺を散歩

天気が良かったので、皇居周辺を散歩してきました。
写真は三菱美術館の前にある中庭、丸の内パークビルディング広場にあった花の作品。

皇居の中って土日祝日は入れないんですね。
仕方ないので周辺を散策してきました。

皇居

Ginza Flower Letters

銀座ソニービルの前のイベントスペースにガーベラのオブジェが展示されてました。

11月13日までのようです。



Ginza Flower Letters

ガーベラ

初めてのクラシックコンサート

招待券をいただいたので、生まれて初めてクラシックのコンサートに行ってきました。

 第5回オペラシティ・マチネーシリーズ
 指揮:シルヴァン・カンブルラン
 ・モーツァルト/交響曲 第40番 ト短調 K.550
 ・ベルリオーズ/幻想交響曲 作品14

場所は東京オペラシティコンサートホール
2階席でしたが、正面の最前列という好ポジション。

行く前はどんな服装をしていけばいいかな、なんて思っていたのですが、会場内では結構ラフな服装の方ばかりで取り越し苦労でした。


公演時間の前にはフルート(?)とコントラバス(?)のお二人が調律(?)をしていましたが、時間になると他の奏者の方がゾロッと入場され、一呼吸おいてからトップサイドの方が、続いて指揮者の方が入場。
さて、これからどうするのかなと思ったら、おもむろに演奏が始まってしまってちょっとビックリ。

モーツァルトの曲は聞いたことがあったけど、ベルリオーズの曲は初めて。事前に予習でもしておけばよかったのですが、何ぶんチケットをもらったのが昨日の夜だったもので。

30分の演奏のあと15分の休憩を挟んで45分の演奏と正味1時間30分。途中で眠くなってしまったのは、退屈なんじゃなくて心地よかったからです(^^;
クラシックのコンサートって、もっと堅い印象でしたが、意外とそうでもないんですね。

そういえば最近見たDVDが「 オーケストラ!」でした。
こちらの映画も面白かったです。

シルヴァン

今年2度目

5月に引き続きまたまた直島に行ってきました。

直島の黄かぼちゃ

今回はさらに豊島、犬島、女木島、男木島と小島巡り。
天気が良すぎて、暑いし焼けたけど、楽しかったです!
村の中にアート作品が点在しているので、自然と散策することになり、地図を見ながらプチ探検。
普段と違った景色の中、そこで暮らす人たちの生活を感じることができて、田舎の親戚の家に遊びにきた感じです。



犬島の精錬所


男木島の港にある作品

詳細な記事は準備中です。できたらまたお知らせします。

直島

銀座水族館

今年も銀座のソニービル前に大水槽が設置されました。


水槽越しに見る街の風景というのも不思議な感じがします。




館内の3D映像はまだ見たことのないので、今年は見てみたい。

水族館

パウル・クレー展に行ってきた

東京国立近代美術館で開催中のパウル・クレー展に行ってきました。

開場の10分前に到着して午前中に見てきたのですが、混雑はしていたけど、まぁゆっくり鑑賞できたほうです。
展示方法がユニークで、どこからでも見られてからかもしれません。

詳細は旅行用ブログに

パウル・クレー

四国に行ってきました

5月19日~21日にかけて徳島の鳴門から香川の高松、直島、豊島に行ってきました。
いろいろハプニングもあったけど、とっても楽しい旅でした。

旅行の詳細と写真はブログにまとめます。
いつできるかわかりませんけど(^^;
とりあえず写真を何枚かアップしておきます。


大鳴門橋「渦の道」から

自然を感じることができる豊島美術館。ずっと居たかった。

直島の赤かぼちゃ、夜は内部がこんなふうにライトアップされます。
宿泊した宿のママさんが連れてきてくれました。

宿泊先の愛犬、モモちゃん。

「また来れるますように、旅費が当たりますように」と願いを込め、直島にてサマージャンボを購入w

四国

陶炎祭(ひまつり)

茨城県笠間市の陶炎祭(ひまつり)に行ってきました。


震災の影響で開催されるのか、また電車やバスの交通機関は影響がないのか大丈夫でしたが、どちらも大丈夫でした。
詳しくはこっちのブログに公開してます。>陶炎祭(ひまつり)

陶器市

文化庁メディア芸術祭

毎年楽しみにしている文化庁メディア芸術祭に行ってきました。


 場所:国立新美術館
 日時:2月2日(水)~2月13日(日) 10:00~18:00
 入場無料

私が面白かった作品はこれ。


影を使って鉄道模型の世界に入り込む「10番目の感傷(点・線・面)

真っ暗な個室の床には鉄道模型があり、レールの周りにはボールや洗濯ばさみ、鉛筆などの日用品が並べられてます。
豆電球をつけた電車がゆっくりと走り出すと、周囲に配された日用品の影が壁一面に映し出され、電車の動きに合わせて流れていきます。映し出される影に包まれることによって、まるで自分が模型電車の中に乗っているような不思議な体験ができます。また「模型の鳥瞰」と「模型側からの見る風景」という二つの視点を同時に体験できるということのも面白い。

豆電球の代わりにカメラをつけて、大画面にその映像を映し出すのという手法もありますが、この作品は、カメラの変わりに豆電球、スクリーンの変わりに壁というコスト的な手軽さで、カメラ映像以上の疑似体験を再現しているという点も魅力のひとつ。

昨年話題になった「iPadマジック」のプレゼンテーション

Youtubeで話題になり、さまざまなメディアでも取り上げられたiPadマジックを、サラリーマジシャン内田伸哉さんが実際に披露してくれました。
iPadとマジックを組み合わせるという発想も面白いですが、良かったのは「なぜこのiPadマジックを考えたのか」というプレゼンテーション。
「たまたま自分の趣味のマジック披露したらウケた」という訳ではなく、もともと世界中で注目される作品を作ろうとしていた。世界で注目されるには「時代の波」と「共感」が必要と考え、iPadという時代の波と「iPadってすごい!」という共感をつかむため、そしてiPadのすごさを紹介する一例として取り上げられるよう、発売時期に合わせて作ったそうです。
詳しくは書籍『 企画に年功序列は存在しない 』も出してるとのことなので読んでみたい。

その他、
サカナクション/アルクアラウンド PV(プロモーションビデオ)
マンガ「ヒストリエ」「孤高の人」「ぼくらの」
アニメ「四畳半神話大系」
が面白かったです。

今年はAR(拡張現実)の作品が無かった(?)のが意外。

文化庁メディア

ネイチャー・センス展に行ってきました。

ネイチャーセンス展、最終日の前日に行ってきました。
さすがに混んでたけど、作品が大きいためスペースも広くて混雑してた割りにどの作品もちゃんと見られました。


この展覧会では館内での写真撮影が条件付きでOK

一番良かったと思うのは「GINGA」という作品。


円形の水槽にはられた甘い香りの乳白色の水に、天井から規則的に水滴が落ちるとい作品。
その水滴は星座型に配置されていて、モノクローム色の空間に広がる一瞬だけ波紋が広がります。
動きがあるのにとても静けさを感じる作品でした。

個人的にはこの作品が一番好き

こうして展覧会の写真を掲載できるのは嬉しいけど、撮影に夢中になって作品自体の鑑賞がじっくりできないかったかも。それに、作品を楽しみたいほかの人にも迷惑にならないよう気をつけないといけませんね。撮影OKだったとはえ、ちょっと反省してます。


帰りぎわに展望台から

ネイチャー センス

東京地下道

今の職場は有楽町駅から歩いて10分程度かかります。
雨の日でも濡れたくない、傘があってもさしたくない、ということで「天下の大東京、たいてい地下で繋がってんじゃね?」と思って地下道をさまよってきました。
あらためて考えると、地下にこれだけの建造物があるってすごいことですね。


有楽町駅近辺は広くてきれい。



地下では頼りの案内板


地下駐車場、奥の出口がどこにでるのか気になる


レンガの柱がある通路。


こんな置物もありました。

普段はあまり通りたくないんだけど知ってると便利。
これで雨の日も大丈夫!
ウチも駅まで地下でつなげてくれないかなw

東京 地下

銀座を散歩

今週から仕事場が銀座のほうに移りました。
時間帯のせいか、買い物などで来るのとはまた違った風景に見えますね。
いろいろと面白いものも見つけました。


その他の写真はこっちのブログに掲載してます。>TRAVEL MEMO

銀座 散歩

愛媛旅行に行ってきた

9月9日から11日まで、愛媛に旅行へ行ってきました。
(正確には8日の夜から寝台列車に乗ってたんですけど)


▼今回はこんな旅程でした。

9月8日(水)
 寝台特急「サンライズ瀬戸」にて東京発

9月9日(木)
 松山到着→ しまなみ街道→ 急流観潮船→ ところミュージアム大三島→ 道後温泉「宝荘ホテル」 宿泊

9月10日(金)
 四国カルスト→ ポニー牧場→ 内子「石畳の宿」 宿泊

9月11日(土)
 白子、大洲→ 松山空港から帰宅

詳しくは旅行用ブログにて>愛媛旅行

愛媛

はとバスツアーに行ってきた

めずらしく親孝行のためにはとバスツアーに参加してきました。
2階建てのオープンバス「’O Sola mio(オー・ソラ・ミオ)」


あいにく曇りだったけど、今の季節にしては暑すぎず、風が気持ちよくてちょうどよかったです。
またオープンバスならでは風景とうのも楽しめました。



ガイドさんの説明で知ったこともいろいろありました。
銀座エルメスのビルの屋上には騎馬増があり、そこの旗は毎月エルメスの新作のハンカチ(スカーフ?)に換えられているとか、一番おどろいたのは「大手町に住民登録されているのは何人か」という問題。
答えは「2人」だそうです(検索したら0人という情報も)。
少ないだろうと思っていたけどこれほどとは、、、その2名ってどんな人なのか、さらに疑問が深まりました(^^;

職場が都内なので、「わざわざはとバスなんて」と思っていたけど、バスで見る都内の風景も新鮮で予想以上に楽しめました。次は違うコースも参加してみたい。

はとバス