タイムスリップ昭和展

新宿タカシマヤ10Fにて5/9まで開催中の「タイムスリップ昭和展」に行ってきました。展示の内容は大阪万博をメインに、その頃の文化や生活を再現してあります。

やはり年配の方が多かったですね。当時はあたりまえのようにおいてあった生活用品なのに、今振り返ると懐かしいのでしょう。ドリフのコントのセットみたいな感じで、当時の茶の間や子供部屋が再現されており、マネキンを指差しながら「ウチのおじいちゃん、こんな感じだった」なんて声も聞こえました。

よく見れば、勉強机のうえには『鉛筆削り』、椅子にはランドセルが引っ掛けられ、壁には『ペナント』、短波放送を受信できる『ラジオ』なども一昔前のものなんですね。


展示の後半には当時のオマケと現代のオマケ(グリコのタイムスリップシリーズ)がもあり、おばあちゃんが現代のグリコのオマケの出来に感激して、欲しがってました。

出口ではブリキのオモチャや、昭和をモチーフにしたフィギュアの販売のほかに、「学校給食」を再現した休憩所もありました。ただし、値段は現代のものですけど(^^;。

このタイムスリップ昭和を見ると、もう一度「21世紀少年」を読み返したくなります。

つぶやき
「タイムスリップ昭和」

  • 熊本で、熊本らしいおもてなしをしたいと思ったら菊鹿町の某古民家食事処でだこ汁定食をご馳走したらいいと思う。 手間ひまかけた昭和の熊本の母ちゃんの食卓へタイムスリップ https://t.co/9Zb7Z31jkL
  • 昭和にタイムスリップ👍 https://t.co/rGGg5Wnu6j

関連商品「タイムスリップ昭和」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「旅行」の記事

おすすめの記事