科学が面白い イグ・ノーベル賞

愉快な研究にイグ・ノーベル賞 日本人受賞は11人(asahi.com)

今回16回目となる“人々を笑わせ、考えさせてくれた研究”に贈られる『イグ・ノーベル賞』。以前記事にした「若者にしか聞こえない着信音」も平和賞を受賞しました。日本からも今まで11件受賞しているそうです。

ちょうど“光学迷彩が実現”という記事も見つけたところで、ぜひ次回のイグ・ノーベル賞を期待してます(^^

科学も身近な視点でみると面白いですね。以前から科学ニュースは興味がありましたが、特に興味が強くなったきっかけは『アインシュタインTV』でした。また、今年は“朝永振一郎生誕100年”だそうで、ノーベル物理学賞の朝永博士といえば、私にとって忘れられない舞台『東京原子核クラブ』のモデルになった博士です。

久しぶりにサイエンスの本も読みたいな。難しくてわからないけど、なぜか面白いんですよね。

つぶやき
「」

  • なんかキアラ様が居ないの悔しくなってきた…
  • 半汁の泥率は据え置きなんですよね!?!?!?!?!?
  • まぁ一方的に言って聞いてもらっても解決法なんて見つからないんですけどね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「雑記」の記事

おすすめの記事