ちょっと理解に苦しんだ記事

内館牧子さん:笑顔の“監督デビュー” 東北大相撲部が大会出場(MSN-Mainichi より)

内館牧子と言えば脚本家、それが監督デビューとなれば映画監督とばかり思い、”相撲部を題材にした映画でも作って、モデルになった相撲部が大会に出場したのか”と、勝手に記事を脳内で書き上げてしまったため、本文を読んでもなかなか理解できませんでした。
二つの記事が混じってないか?なんて記事のほうを疑う始末。

だって脚本家が相撲部の監督になってるなんて思わないじゃん?(言い訳 理由)

つぶやき
「内館牧子」

  • RT @fami2repo_bot: 突如、両国国技館の支度部屋の壁に出現した、角度を変えると笑っているようにも怒っているようにも見える内館牧子の顔のようなシミ(写真は合成です)。(埼玉県 美食家・小林)
  • RT @nekonoyosei: #名刺がわりの小説10選 国内 米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』 秋吉理香子『暗黒女子』 道尾秀介『カラスの親指』 柚月裕子『合理的にあり得ない』 原田マハ『楽園のカンヴァス』 奥田英朗『罪の轍』 内館牧子『終わった人』 今村昌弘『魔眼の匣の殺人』…
  • 突如、両国国技館の支度部屋の壁に出現した、角度を変えると笑っているようにも怒っているようにも見える内館牧子の顔のようなシミ(写真は合成です)。(埼玉県 美食家・小林)

関連商品「内館牧子」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「雑記」の記事

おすすめの記事