短文の面白さ

日本に住んでいても正しく使いこなすのが難しい母国語ですが、それだけに表現の幅も世界に類を見ないのでは無いでしょうか?

ブログのタネさんでも紹介されていた、毎年恒例の「サリーマン川柳」も毎回笑えますが、奈良県が募集した「プロポーズの言葉100選」といのもなかなか良いです。大賞はメールで送られた「着てみる?」という言葉にウェディングドレスの画像が添付されていたというものでした。

他にも日本一短い手紙「一筆啓上賞」というのもありました。
ついでに「世界の名言・名著」、もうひとつ「辞世の句」

最近は都都逸っていうのが面白く感じます。
“あなた恋しと鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす”
“「川」という字はそりゃ後のこと せめて「り」の字に寝てみたい”
など、短い文に情緒や情景を盛り込んで、しかもユーモアがあってリズムも良いです。

つぶやき
「都々逸」

  • 都々逸は自然の中で詠ませて貰うのが一番いいんや
  • 【第2回都々逸全国大会入選作】触れればはらりと花びら落ちて 秋を零した白い菊(事前・篠田みや)#dodoitsu
  • クズ都々逸が浮かぶ浮かぶ

関連商品「都々逸」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「雑記」の記事

おすすめの記事