エイプリールフールの起源

4月1日は“ウソをついてもいい日”として「エープリールフール」「四月バカ」などと言われてますが、いったいどうしてこんな日ができたのでしょうか。

残念ながらエイプリールフールの起源については、ウィキペディアでもハッキリした起源はわからないとなってます。

フランスとインドにそれぞれ起源説があり、日本には大正時代に西洋から入ってきたそうです。

海外では大手の新聞社や放送局までウソを報じており、むかしどこかのラジオ局が「宇宙人が攻めてきた」と報じて市民がパニックになったとか。さすがに日本の新聞やテレビでは故意にウソを付くことはありませんが、インターネットではお祭り的にエイプリールフールサイトを作りこんでますね。
エイプリールフールネタまとめ

4月1日といえば日本では新年度、仕事も何かと忙しく、しかもだんだんいろいろな企業まで参加してネタも増え、こうしたエイプリーフルフールサイトを楽しむのは翌日以降になってます(^^;

つぶやき
「ウソ」

  • RT @shop_kakiko: 「デモなんて一部じゃないですか」 ヤラセなしの生インタビューをするとこういう具合に素直な感想を言ってくれる人が出てくる。だからテレビ局はウソを暴かれるのが怖くてあらかじめ仕込んだプロを使うかテレビ局が望む回答をしてくれた人の声だけ放送する。
  • ホンマやぞ和葉...おまえに一言残したかったんはウソちゃうで...何遍も言おう言おう思たんや...背中で震えるおまえに、この言葉を...by服部平次
  • 【お客さまに誠実に向き合う…?】このツイートは拡散厳禁です。『ウソも方便』このことわざをご存知ですか?取引に不利になることを自らお客さまに告げる必要はありません。ともすれば、それは取引における不安要素にもなりかねないからです。お客さまの不安をすべて取り除く。それも大事な仕事です。

関連商品「ウソ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「雑記」の記事

おすすめの記事