日本のおしゃれ展

松屋銀座にて開催中の『日本のおしゃれ展』に行ってきました。

着物の展覧会ということで、客層も女性大半で年齢層も外角高め。でも着物って綺麗ですね。生地の美しさと、柄の美しさが相まって、一服の絵画をまとっているようです。

以前、別の展覧会で観たことがある絵で印象に残っているのがあります。着物を着た女性の絵なのですが、その女性の着物というのが黒地で、鯉が絡み合うように泳ぐという図柄の絵。まるで、その女性の体のなかを鯉が泳いでいるみたいで、とても綺麗で印象に残ってます。

染める時にできるグラデーションや日本独特の色の美しさなど、もっと着物を見られる機会が欲しいです。

この展覧会の解説で知ったのですが、昔の女性の美しい黒髪を表現する言葉として“緑の黒髪”“烏の濡羽色(カラスのぬればいろ)”という言葉があったそうです。

私はこの「烏の濡羽色」という表現がとても気に入りました。日本人の色の表現はとても繊細で、「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」といわれるほど茶色、灰色には識別されているそうです。

これは、江戸時代に町民や商人などが紫や黄など高貴な色を使えなかったため、茶や灰の色味を工夫して作り出し、“粋(いき)”とよばれるオシャレを楽しんだからです。

それほどだからこそ、黒にもこんな表現があるのでしょうね。

私は職業柄ついWEBセーフティーカラーという物を気にしてしまいますが、ディスプレイの色の再現も向上した今、こうした色の微妙な差にももっと気を使いたいと思います。

このサイトで勉強しよう→『和色大辞典

ハウルの日テレ時計

日本テレビのビルの一角に、『ハウルの動く城』を模した時計があります。

私は見られませんでしたが、定刻になると仕掛けが動くらしいです。

晴れていたのですが、午後にはビルの影に入ってしまいました。方角からすると、朝はもっと日が当たって綺麗に見えるんじゃないでしょうか?

日本の中のイタリア街

日本に“イタリアの文化とデザインがある”ということで、行ってきました汐留シオサイト5区イタリア街『Shiodomeitalia クリエイティブセンター』。

こんなところがあったんですね。知りませんでした。でも駅からちょっと遠いかな。その遠目から見ても周辺の建物はちょっと異質な感じで、「あぁ あの辺だなんだろうな」というのも解りました。

土曜日でしたが閑散としてました。平日のほうが賑やかなんでしょうか?

探し物はニャンですか?

探し物はニャンですか?

“はてな”で紹介されていた動画(YouTube)です。井上陽水 の『夢の中へ』の曲に乗せて、猫達の面白写真が流れます。可愛かったり、面白かったり・・・色々なバージョンあるみたい。

国立新美術館

今月六本木にオープンする新しい美術館『国立新美術館』

六本木ヒルズの展望台から見えたとき、「なんだろう?」と非常に気になっていました。1月21日にからの文化庁メディア芸術祭10周年企画展「日本の表現力 アートとエンターテインメントの融合と進化」が楽しみです。

展覧会も楽しみですが、館内や周囲の様子も楽しみです。

ポイントいろいろ

様々な分野で金銭のように提供されている「ポイントサービス」について商法をルール化する動きが経済産業省であるそうです。

ポイント商法ルール化へ、経産省が近く研究会

日本では推定で1兆円規模のポイントが発行されているが、ポイントを発行する企業が倒産した場合など、ポイントを持つ消費者を保護する法律はなく、権利を失ってしまうため、こうした消費者保護の対策が必要かどうか検討するのだとか。

そういえば、昔はレコード店のサービススタンプもずいぶん集めました。サービスで手に入れたレコードやカセットも幾つかあったような・・・。

今では家電量販店のポイントや、アフィリエイトでの楽天ポイントにはお世話になってます。保護が必要なほど貯まりませんけど(^^;

ダヴィンチ コード

ようやく読みました『ダヴィンチ コード』

古本屋の上・中・下三巻セット900円で読むダヴィンチの名画に隠されたキリスト教の真実を解き明かすミステリー。

面白かったのは名画の中のメッセージはもちろん、最近に実際に上映された映画作品のなかにもそれらのメッセージがあるということ。たとえば、トムクルーズ主演の『アイズ・ワイド・シャット 』やディズニーの『ライオン・キング』が挙げられていて、謎解きの要素を身の回り、または実際に見ることができるということが読み手を引き込んでしまうんでしょうね。

英語と株

ニンテンドーDS liteの『えいご漬け』で、高校卒業以来になる英語の勉強をはじめたものの、最近はちょっとサボリ気味。

その代わり『カブトレ!』で“株”の勉強を開始。小難しいことを抜きに、上がったり下がったりするグラフを見ながら、ヤマカンで「コレだ!」って銘柄を買っては売り買っては売り・・・。

今年は英語の勉強も再開して、最低限の英語と株の知識を身に付けつつ、もう少しビジネスマンっぽくなろうかな・・・DS liteで。

TRICK 劇場版2

お正月DVDは「TRICK 劇場版2」

この劇場版でTRICKも終わり。オープニングの卵の色が気になるところですが、割れるとヒヨコが登場でした。

一通り見た感想は原点回帰。前回の劇場版のように、火山のような無理やり大げさな場面が無くて、2時間ドラマ的な感じ。いろいろな点で演出や小ネタがドラマ開始当時と同じでしたね。

今回の笑いのネタ(?)は、お笑いコンビ“ゆーとぴあ”の往年のギャグ「よろしくねっ!」。
映画の中のマジックは消失マジック一本槍、いつものトランプマジックはさすがにネタ切れ?

これまで散々ドラマを見てきただけに、ちょっと退屈な感じがしないでもない。
最終回なのに矢部警部の出番がほとんど無かったし、ちょっと物足りないかな。

ところでオープニングのエピソード“イギリスの軍隊でマジシャンが色々な作戦を考えた”っていうのは本当の話なのかな?そこが一番気になる。

初夢を見よう

大晦日の夜も元日の夜もぐっすり眠っておりましたが、どんな夢を見たかまったく憶えておりません。とはいえ、初夢といえば一般的には1月2日の夜に見る夢。今夜はいい夢を見ておきたいところです。

縁起の良い夢といえば「一富士二鷹三なすび」と言われますが、これの理由には諸説あるようで、ウィキペディアでは

・駿河国での高いものの順。富士山、愛鷹山、初物のなすの値段
・富士山、鷹狩り、初物のなすを徳川家康が好んだことから
・富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、なすは事を「成す」
・富士は「無事」、鷹は「高い」、なすは事を「成す」という掛け言葉

が挙げられていました。

今まで「一富士二鷹三なすび」を見たことはありませんが、とにかく普通にいい夢が見られるといいな。

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
 

プロフィール

2019年の目標は引き続きインプット・アウトプット。

blog-m

このブログは興味がある事をごった煮で書きなぐっている日記雑記メモです。

雑記

育児

飲食

旅行

商品

読書

映画

テレビ

アニメ

マンガ

ゲーム

未分類