攻殻機動隊SSS試写会の感想

攻殻機動隊の試写会、応募総数7000の中から当選1600の一人として行ってきました!
場所は新宿バルト9にて25時~トークショー、26時30分~作品上映。

アバターの3Dとは一味違い、攻殻機動隊ならではの世界観、現実世界にデジタル情報を重ねて表示する「電脳化」を3D映像で表現。物語の中で、キャラクターたちの目に表示されているであろうデジタル情報が、自分の目の前にも表示されているようで、キャッチコピーにもあるように”観る人を電脳化する”映像でした。



これからますますAR(拡張現実)のような技術が進歩して、あっというまに実現されてしまうかも。
新作のオープニングも3Dのために作られただけあって、本編よりも3D映像の特性が活かされてました。

ストーリーが難しめなので、映像をじっくり楽しみたい人は予習しておいたほうがいいかもしれません。

今回はリニューアルということでストーリー的には新鮮さがなくて残念。ぜひ次は新作を期待してますが、それも今回の『攻殻機動隊 Solid State Society 3D』の興行成績次第だとかw


トークショーでの神山監督


おみやげにTシャツをいただきました。

こうした深夜のイベントははじめて参加で、開始までの時間と終了してからの時間をどうするかが難しい。帰りは始発まで30分ほど待ちましたが、それよりも早朝の寒さがこたえました。

『攻殻機動隊 Solid State Society 3D』 3月26日公開

つぶやき
「攻殻機動隊 SSS」

  • 老人ミサイルも怖いし深夜の老人地雷もやばい 攻殻機動隊SSSみたいにするしかないな
  • 攻殻機動隊SAC最終話らへんのトグサの置いてけぼり感は好き

関連商品「攻殻機動隊 SSS」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「アニメ」の記事

おすすめの記事