過去に学ぶ

”不景気なったら書生っぽやらスネかじりが見てきたみたいに外国が攻めて来るとか言い出すからな。
世の中不安になったら今度はお上が本やら芝居やらが低俗や、けしからん言い出したら戦争や。
みんな戦争したなるねん。わしそんなん2回も見た。”

これはツイッターでつぶやかれていたもので、ツイート主のお爺さんの言葉のようです。

これをみて最近の日本の情勢が集約されてる思った。特に「わしそんなん2回も見た」っていうのがおじいさんの歴史と思いを感じます。

最近の政治のニュースはどれも暗いものばかりで、本当に日本は大丈夫なのかと心配になる。こうして生活が不安になると、自分の足下を見ずにその原因を他に求めてしまうのかも。また、誰かの煽り立てる根拠のないウワサに流されたりとか。

過去の経験を教訓に、本当に戦争なんかならないようにしてなくちゃですね。

つぶやき
「歴史」

  • RT @warusoneko: https://t.co/uAWIJQmdqx 昨日の動画「532 ブライスショップ店頭バナー13年分の歴史を見てみよう」より過去12年分のブライスショップ店頭バナー&今年のポスター。また1年間ブライスショップとして楽しんでいきますのでよろしくお…
  • RT @AtaruSasaki: 小池百合子は関東大震災朝鮮人虐殺犠牲者追悼式典を無視する歴史修正主義者かつ公然と人種差別をするレイシストであり、原発推進・核武装容認を主張し、学歴詐称疑惑が拭えず、今回もコロナ対策に無為無策のまま公開討論から逃げ回って当選した前期公約達成ゼロの…
  • RT @oauKs58jejOMqEF: ダム・原発・嫌韓、そしてコロナ禍。こうも簡単に政府の情報操作や世論誘導に乗せられてしまう日本人の知的劣化は、自然災害よりも怖ろしい。歴史の進歩は批判や改革によるもの。世論誘導や言論封殺は歴史の後退と反動化をもたらすだけなのだ。

関連商品「歴史」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「雑記」の記事

おすすめの記事