神は細部に宿る

最近読んだ本に載っていた建築家のミース・ファンデルローエの言葉「God is in the details(神は細部に宿る)」。なるほどと思いました。

こうしてブログにしても、文字サイズ、行間、文字の色、1記事の文章量など、細部にこだわって作りこむことで、結果として美しく見える=神が宿るといことになるんでしょうね。画像やイラストにしても、細部にこだわったモノほど美しく見えるはず。

仕事をしてると、細部へのこだわりは疎ましく思われることもありますが、この言葉に出会ったことで、やっぱり細部へのこだわりを持って仕事をしていかなきゃと思いました。

ところで「神」といえば今日はクリスマスイブ。明日はイエス・キリストと私の誕生日。Happy birthday to me!

つぶやき
「細部に宿る」

  • 神は細部に宿る…常に心がけている。
  • 単純作業に祈りを込める。(本田健)神は細部に宿る。単純作業に魂を込める。「お客さまに、いいことが起きますように」と祈りながら作業をすれば、同じ作業を嫌々するのと全くことなる成果になるでしょう。
  • RT @keita24: 神は細部に宿るとはよく言ったもので、演出から美術に至るまで驚くほどのこだわりがリアリティを生み出していたように思う。鍋敷きの裏の商品シールが剥がされないまま使われていたり、タンスの引き出しの古新聞、狂気に満ちた喧嘩を仲裁する際の距離感と腰の引け方など、…

関連商品「細部に宿る」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「雑記」の記事

おすすめの記事