どうした?フジテレビ

今さっき、フジテレビをみていたら11時なった時点で画面が「おそれいりますが しばらくそのまま お待ちください」という画面に。5分くらいで放送が再開されたようですが、最近では珍しかったので写真を撮ってしまいました。

何があったんでしょうね?

携帯電話 戦国時代

携帯電話はずっとドコモ。

携帯電話が出始めた頃、実家のエリアではドコモ以外は受信状態が悪かったせい。その後、とくに他社との比較もせず、なぁなぁでドコモを使ってきましたが、昨今の番号ポータビリティ、ソフトバンクの予想外割引で、否が応にも乗換えを意識しますね。

ただ、ソフトバンクの「¥0」もかなり条件付きのようで、実際どこまでお得なのかまだまだ疑問。

これをきっかに、ドコモのサービスが良くなってくれるのが一番なんですけどね。

右脳と左脳の恋物語

金曜日の酒の席で出た話。「両手の指を組んだ時と腕を組んだ時、どちらが下になるか?」で占う性格診断です。

右脳左脳占い

私の場合は左右で、結果は「ドライで柔軟なあやつり師」
“インプットを左脳、アウトプットを右脳で行う「さう」は、状況を客観的かつ正確に把握して結論を出した上で、相手の感情に響くやり方で訴えかけます。ものごとを裏の裏の意味まで探って分析し、相手の状況を見切った上で言葉巧みに誘導するコミュニケーション能力の高い策士です。・・・”

記事のタイトルは米米クラブのコンサート、LD・ビデオのサブタイトル。米米クラブのコンサートはいつも2パターンあって、このときは右脳編と左脳編があった。小野田商事という会社を舞台にした左脳編、おとぎの国を舞台にした右脳編。これは私が演劇に興味を持つきっかけになりました。

放送禁止

非常に気なるタイトルのDVDです『放送禁止』。

“『放送禁止』シリーズとは……
収録されたが、諸般の事情でお蔵入りになったテープを放映する番組。一見、普通のドキュメンタリー番組だが、隠された映像情報を読み込んでいくと、驚愕の事実が浮かび上がってくる。ドキュメンタリーの体系を取ったフィクションである。”

こんな番組が放送されていたことも、DVD化されていることも知りませんでした。でもやっぱり気になるタイトルです。

あかんべえ

たまにお気に入りのCMを取り上げますが、今回はちょっと苦手なCMを。

舌を出す行為というのは“他人を馬鹿にしたり拒否したりするときにするしぐさ”これを広告やCM取り入れられた作品が苦手です。特に大口を空けて舌を出される場面には、どうにも嫌悪感がわいてしまいます。

舌を清潔にすることは良いと思いますが、あのCMはあまり見たくない(^^;

Kokoyakyu

今年の高校野球は熱かったですね。

色々と記録も出ましたが、決勝戦で引き分け再試合なんて、ドラマチックすぎでマンガでも出来ませんよ。さらに再試合も接戦、4-3で早稲田実が初優勝!優勝校はもちろん、全試合を戦った選手に拍手を送りたいです。

米国では日本の高校野球をドキュメンタリー番組として放送されたことがあるとか。「Kokoyakyu ハイ・スクール・ベースボール」と題して、努力や規律、チームへの貢献、無欲さなど、米国とは異質の高校スポーツの姿を智弁和歌山(和歌山)と天王寺(大阪)の04年地方大会を通じて描かれたそうです。

それにしても、再試合が翌日午後1時からって、高野連は鬼か?(^^;

ご先祖様は恐竜らしい

永遠のチャレンジャー・ガチャピンがブログに挑戦中『ガチャピン日記』。

今日の記事では“ぼくのご先祖様は南の島で眠っています。みんなも知ってるように、ぼくは恐竜の子どもです。”って、恐竜が現代まで生きていたら、さぞかし進化しただろうという話を聞いたことがあります。

そういえば、『世界の巨大恐竜博2006』も開催中。このなかにもガチャピンのご先祖様がいるのかな?

今日のトップランナー

今日のNHK『トップランナー(TR)』のゲストは夫婦で建築家をされている手塚貴晴&由比さん

興味のない分野のゲストは、ついつい敬遠しがちなのですが、見てみると意外は発見があったりします。今日もそんな感じで、「建築家かぁ」なんて思ったのですが、何となく見ていたら、しまいにはメモまで取って見てました(^^;

やっぱり分野は違えどデザインということに関わりがあると、考え方や苦労する点で勉強になります。

NHKの新番組表

NHKホームページの番組表が春の放送分から新しくなるようです。

表記の仕方は他の放送局と特に違いはありませんが、NHKの新しい番組表はFlashを使って、番組名にカーソルを合わせるとそのエリアが拡大され、クリックするとポップアップで番組の概要と公式サイトのリンクが表示されます。

技術的には特に新しいものではないけれど、番組表って見やすくするのも必要なうえ、追加・修正などの管理面も考えないといけないから、ウラではどうやって運営してるのか気になります。

各放送局ごとで、番組表の作り方も全然違うので、比べてみると面白いです。でも、以前(今もかな?)どこかにあった、1週間分x時間別の番組一覧表をテーブル組みなんて、自分だったら絶対作りたくない(^^;

広告大賞から思うUD

フジテレビの広告大賞を見てました。

グランプリを受賞したのは松下電器産業株式会社「ナショナルユニバーサルデザイン」のCMでした。特にラジオCMでは年齢による音の聞こえ方の変化を実際に体験させてくれます。そうした事例を出しながらナショナルの電化製品は高齢者でも聞こえやすい周波数帯の音を採用してるそうです。

全ての商品がユニバーサルデザイン(UD)に基づいて作れらるわけではないかもしれませんが、“UDを意識することで作りこみが丁寧になる”という話を聞いたことがあります。

こちらのサイト「使いやすさのすすめ」でさらにナショナルのUDについて詳しく紹介されます。

これからの企業CMには、ただ“新商品を売ろう”ということよりも、社会的な責任も踏まえ“自分たちはこういう企業です。こういう商品(サービス)を提供します。”ということを明確に、誠実に訴えてることが必要みたいですね。

【ナショナル家電】