宇宙戦艦ヤマト 復活篇

宇宙戦艦ヤマト 復活篇の試写会に行ってきました。
前回の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』が1983年3月19日公開。
今回の『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』が2009年12月12日公開。
と実に26年ぶり。
ホントにそんなに経ったのかなと思うほど、いまだにメジャー感のあるアニメですよね。

宇宙戦艦ヤマト 試写会当選!

yaplog!さんの映画サイト「ヤプシネマージュ」で申し込んだ『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の試写会が当選しました!ヤッタ!!

宇宙戦艦ヤマト 復活篇
2009年12月12日(土) 全国東宝系ロードショー
試写会は12月1日で、12月9日までに感想を記事にしないといけないのがちょっとプレッシャー(^^;
とりあえず映画を楽しんできます。

宇宙戦艦ヤマトといえば、小学生のとき、音楽会の演奏の曲目だったっけなぁ

40秒でやります

最近職場で「40秒でやります」って言うのが流行ってます。

「すぐにやります」って意味なんだけど、なんで40秒なの?って聞いたら元ネタは『天空の城ラピュタ』でした。
空賊のドーラがパズーに向かって「40秒で仕度しな!」ってセリフからとったようですw
なんで今頃ラピュタなのかは不明。

職場ではたまにアニメやマンガから撮ったセリフが飛び交います。
よく使われるのが「○○なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ!」

元ネタは機動戦士ガンダム。ジオングを見たシャアが「足はついていないじゃないか」というセリフに対して整備兵が「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ!」ってやり取りから来てます。

重要度とか優先順位について、認識が違ってるとき(さらにそれを押し付けられたとき)に使われます。

こうしたネタが世代を超えて通じるのって楽しいです。

毎日母さん

『毎日かあさん』がテレビアニメになっているのにオドロキ

西原理恵子の作品は好きで、『まあじゃんほうろうき』『鳥頭紀行』『できるかな』他、色々読んだけど、どの作品も子供向けじゃないし、マンガとはいえ「こんなこと描いて大丈夫なのか?」と心配してしまうような内容。

あまりの過激さにどこかの作品で“自分は絶対にNHKとは縁がないだろう”とゆっていたような。
でも、NHKの朝ドラ「ファイト」で題字とタイトルバックのイラストを担当したり、トップランナーに出演したりしてたけど。

この調子で『まあじゃんほうろうき』をアニメ化して欲しいなぁ。もちろんあの内容のままw

サマーウォーズ

映画『サマーウォーズ』を見てきました。
夏休みにピッタリの映画で、面白かったです。
子供の頃、お盆になると親戚中がおばあちゃんの家に集まって、ワイワイとやっていたのを思い出します。


テーマはコミュニケーション(たぶん)。ネットのコミュニケーションは希薄なものとされがちだけど、これからはリアルのコミュニケーションもネットのコミュニケーションも大切だよねってことかな。

主人公が「ネットだからって何をしても良いわけじゃない!」というセリフ、ストレートすぎるメッセージだけど、一言いっておきたかったんでしょうね。※セリフの内容はうろ覚えなので、たぶん違うかもしれません。

お台場 ガンダム

お台場の1/1スケールガンダムを見に行きました。

子供の頃、1/144スケールのプラモデルを作りまくっていたものが、まさか原寸大で見られるとは。

これから見に行く人への注意点
1.ガンダムの正面からの撮影は午前がおすすめ
 私が着いたのは15:00くらいで正面から撮ろうとすると逆光になってしまいました。
2.帰りのゆりかもめは「船の科学館駅」から乗ったほうがいいかも
 台場駅はフジテレビから帰る人もいて大混雑。すごい行列になってました。バスで帰るというのもあり。

エヴァンゲリオン:破

今日は用事があって、仕事を定時であがったのに、会社を出たところで相手からキャンセルの連絡。
仕事に戻ろうかと思ったけど、久~しぶりにアフター6を楽しんできました。

で、前から観たかった『エヴァンゲリオン劇場版:破』を観てきました。
(写真は封をしてあるパンフレット)
序は観てないんだけど、旧作は見てるから問題なかったかな。
でも今後、『Q』以降の展開は『破』を観てないとついていけないかも。

ほとんど新作のノリでいけたのに、ところどころテレビシリーズの場面やセリフが絡まっているのは狙ってる?
新登場のキャラクター・マリは個人的にラルクのイメージがこびり付いて離れません。
その代わり、渚くんは10年前のイメージと同じって印象です。

とにかく懐かしさの中にも新鮮があって、旧作からのファンでも十分楽しめました。
逆に旧作を知らない世代にはどんな風に見えたんだろう。
で、次は何年待てばいいの。
それから、コミック版はどの方向に行くんだろうか。

東のエデン

『東のエデン』、面白そうなアニメです。

東のエデン公式サイト

なにしろ『攻殻機動隊』の神山監督が原作・脚本・監督を務め、キャラクターは『ハチミツとクローバー』の羽海野チカ。テレビシリーズの後に劇場公開も決まっているようで、あわせて完結するのかな。

第2話まで見逃してますが、これから追いつこう。

鉄コン筋クリート

原作・松本大洋で、以前見た映画「ピンポン」が面白かったので、こちらも期待して見てみました。ピンポンは登場人物に俳優を起用した実写でしたが、こっちはアニメ。

原色が入り混じった派手な町の風景と、その町を流れるようなカメラワークで物語りに引き込まれた感じがします。
蒼井優が演じるシロの話し方が、クレヨンしんちゃんに似てる気がしてしかたなかったけど。

ピンポン同様、2時間でキッチリ物語をまとめてくる潔さが好きです。

JR東日本 ポケモン・スタンプラリー

もはや夏の風物詩となった感のある「ポケモン・スタンプラリー」がスタート

各駅で見かける親子連れの行列。駅構外までのびるている様を見ると、親の苦労が偲ばれます。ポケモンの人気もさることながら、一体何が目的なのか、蚊帳の外の私もちょっと気になり、調べてみました。

「ポケモン・スタンプラリー2007」では、首都圏の95駅に95種類のポケモンスタンプを設置。そのうち6駅のポケモンスタンプを集めてゴール駅に行くと賞品がもらえるそうです。さらに4駅のスタンプはシークレットスタンプとのこと。

まず6つのスタンプ集めると「ピカチュウパスケース」、95種類のスタンプが押せる「スタンプ帳」と「ピカチュウサンバイザー」をGET!95種類のスタンプを全て集めると「オリジナル ポケモン クロック」がGET!さらにスタンプ帳のアンケートに答えて応募すると「ポケモングッズ」が抽選で当たるそうです。

すでにサンバイザーをかぶったお子様を多数見かけます。やっぱり95種類コンプリートが目標なんでしょうか。