一商人として

一商人として

イトーヨーカドーの社長・伊藤雅俊が読み感銘を受けたというので読んでみた。
新宿中村屋の歴史と社員へ向けた商売に対するメッセージ。

中村屋の中心となって支えた奥さんも本を出している。
身の丈を心がけ細心の注意を払い顧客第一という点はなるほど伊藤と同じだと思う。
また古い慣習を疑い、会社経営も社員第一に新しい制度なども導入。
利益を出すことは必須だけど、決して利益のみを追わない。
店員を家族のように。

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「一商人として」

  • 戦争屋、武器商人というと思い出すのが数年前テロの犠牲になったKenji Gotoともうひとりの方(名前忘れた)。彼は戦争ビジネスで一儲けしようとして危険なエリアに入っていき無残にも殺害された。彼を連れ戻そうとして現地入りした“侍”… https://t.co/6qU0MXKIeA
  • RT @bundoukan: ヒストリア 三菱の生みの親 岩崎弥太郎の話… ・投獄されたら泥棒さんと仲良くなった(この泥棒さんがそろばんの名人 特殊スキルGET) ・「おかめの面」日本国郵便蒸気船:客にも偉そうにしていた 三菱は武士ではなく商人としてお客様第一であいそ良く ・日…
  • ヒストリア 三菱の生みの親 岩崎弥太郎の話… ・投獄されたら泥棒さんと仲良くなった(この泥棒さんがそろばんの名人 特殊スキルGET) ・「おかめの面」日本国郵便蒸気船:客にも偉そうにしていた 三菱は武士ではなく商人としてお客様第一であいそ良く ・日本初のボーナスも支給
  • RT @gohan_bo_n_to: ある日初めてシュークリームを食べて美味しいのに驚いた。そしてこのクリームを餡パンの餡の代りに用いたら、栄養価はもちろん、一種新鮮な風味を加えて餡パンよりは一段上がったものになるなと考えたのである。(『一商人として』相馬愛蔵、相馬黒光)
  • 店で朝生と称している田舎、ドラ焼、そば饅頭などの製造をいっさい中止させ、その赤飯用の糯米を少しつぶして桜色をつけ、餡を入れて桜の葉に包み「新菓葉桜餅」として売り出して見た。(『一商人として』 相馬愛蔵)