波紋と螺旋とフィボナッチ

波紋と螺旋とフィボナッチ

東大の公開講座「物理で探る生物の謎」で聞いたセッションの中「生物の模様ができるしくみ」が面白かったので、登壇者の本も読んでみた。
骨は細胞ではない
甲殻類、昆虫は作り直し(脱皮)する
脊椎動物の骨は細胞がやってくれる。発生学は未知の領域が多い
放散虫:不思議な形
動物や魚の縞模様は、細胞同士の影響
反応拡散波の理論
ジンクピリチオン効果
細胞性粘菌

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「波紋と螺旋とフィボナッチ」

  • 理解には、いろいろなレベルがある。何かの問題の解法を見て「すごいっ」と感じられれば、一応理解したと言える。が、もっと上があるのだ。最上級は「そんなのあったりめーじゃん。どこがすごいんだよ」である。理解というのは、「当たり前」と感じることだ。―「波紋と螺旋とフィボナッチ」近藤滋
  • 3つほど 『波紋と螺旋とフィボナッチ』 『古代文明の超技術』 『分子レベルで見た触媒の働き』 気になった人はググるかリプで聞いて #peing #質問箱 https://t.co/4x0iDC2B2E https://t.co/yfLVbqOAbL