高円寺薫 荻窪純子ライブ

高円寺薫 荻窪純子ライブ

高円寺薫と荻窪純子の復活ライブのお知らせが来ました。

「高円寺薫と荻窪純子って誰?」っていう方にご紹介すると、二人は劇団ブルースタクシーの舞台作品「ノスタルジックカフェ」と「喫茶クレヨン恋物語」に登場したフォークシンガー(役)。昭和の雰囲気と独特の歌が人気で、とうとう作品を飛び出してライブをするまでに成長しちゃったキャラクターです。

たとえば、高円寺薫の曲は「風呂なし」「ヒゲの濃さは愛情の濃さ」「野良猫次第」「迎え酒でまた吐いた」、荻窪純子の曲「どぶねずみ」「別れちゃえ」「サヨナラ癖」「待つ女」など、タイトルだけでもユニークさが伝わってきますが、笑える歌詞とちょっと切ないメロディーのミスマッチな組み合わせが面白いです。

今のところ日程のみ2013年8月25日(日)の1回公演と決まっているようで、詳細が分かり次第追記したいと思います。

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「ブルースタクシー」

  • @tatunosu 「また連絡する」「ああ」「ブルース、愛してるぞ」「…」走り去っていくタクシーを見送るブルースの目は微かにゆらいでおりました。変な期待はしないって言ったのに、期待しちゃうじゃないか。もし気持ちが決着するまでダスティに手を出したらぶん殴るではすまさんぞ。
  • @uramizo 言葉通りブルースはタクシーの中では目を瞑ってうたた寝をしていくことが出来ました。タクシーが走る振動も心地よくワルターが「着いたぞ」と起こしてくれたときにはちょっぴり残念だったぐらいです。家の前で下ろしてもらい「ありがとう」と告げるブルース。
  • @uramizo 呆れながらも笑うことを思い出したブルースはワルターと連れだってバーを出ました。「タクシーを呼んである」「さすがだな」「女王様を歩かせるわけにはまいりませんからな」「こいつめ」「眠れていないんだろう。眠って帰るといい。着いたら起こしてやるぞ」
  • @uramizo ダスティはタクシーのウィンドウを開けて中から顔を出して喚きました。「今度メールしてもいい?」「大歓迎だ」「俺もするぞ!猫の好きそうな美味い飯を写メって送ってやる」所謂飯テロ予告です。「待ってるかんな」ブルースもタクシーに乗り込み、車は走り出しました。
  • @tatunosu 「でかい声でやめろよ!野蛮猪!」「何だとぉ!」さっきまでの甘い空気が何処へやら、顔を真っ赤にさせて怒鳴る子猫とがぉん!と威嚇を始める猪にワーレンとブルースがやれやれと肩を竦めます。「往来で痴話喧嘩はよせビッテン… https://t.co/bDJHPJUuKS