生活者発想塾

生活者発想塾

『生活者発想塾』という本を読みました。

生活者発想塾とは、広告会社の博報堂が設立した研究所で2008年から実施しているオープンスクールで、その公開講座の内容を書籍にまとめたもので、生活者のニーズや未来を探るために、データの集め方や分析方法などが色々と紹介されています。
データや分析と言ってもそれほど難しい内容ではなく、ワークショップのように自分でもすぐに試せるような内容で、しかも複数でやるほど面白そう。

なかでも写真を使ったデータ収集が面白そうでした。簡単に内容を説明すると「あなたにとっての安心の素を撮影してください」「日頃の食卓の風景を朝昼晩と記録してください」「幸福を感じる物事を写真におさめてください」といったもの。
写真だと、アンケート(文字)やインタビュー(言葉)では伝えにくいことが伝えられたり、本人の興味や視点にいろいろと違いが出る。

ほかにもイメージとして使っている日常用語を数値に直して表現する「マインドスコア」、ある絵の中のセリフを考える「ダイアローグバルーン調査」なども興味深くて、実際のオープンスクールに参加してみたくなりました。
調べたら5月18日に開催されるようです。
http://www.nikkeibook.com/seminar/seikatsusha/

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「生活者」

  • RT @panda3091: 日本の素晴らしい習慣である助け合いの精神、今この精神が悪意を持った者達に悪用されています。三国人が生活保護制度を悪用し、日本人が受給できずに餓死する現状、しかも支給額は日本人よりも在日の方が高い。誰しもおかしいと思うはずです。この様な不良外国人に支…
  • RT @May_Roma: 高齢者の生活が楽だというのは人による。大半の人は苦しいのよね。高い年金もらえるのは元公務員とか大企業勤務の人だから。日本は大半の企業は中小なの。スーパーの見切り品コーナーでの品物争奪みてれば高齢者の生活の苦しさがわかる。昔より強烈よ
  • RT @mami_tanaka: 吉兆が廃業したときは従業員の生活こそ心配したものの経営者に対しては当然の報いだと受け止めた。東電や神戸製鋼に同じ反応が起きないのはダブルスタンダードだ。姉歯氏の身内は自殺してしまった。いつも理不尽なリンチに遭うのは小さな個人だ。
  • RT @hasumi29430098: そもそも百田先生に異を唱える人は、スマホが贅沢品という基本概念が抜け落ちてる。贅沢品とは、無くても基本的な生活が送れるものだ。ちなみに、台所用品で一番の贅沢品は電気ポットだと思ってる。好きな時に湯を使う為だけに、安くもない電気代を払ってる…
  • RT @mami_tanaka: 吉兆が廃業したときは従業員の生活こそ心配したものの経営者に対しては当然の報いだと受け止めた。東電や神戸製鋼に同じ反応が起きないのはダブルスタンダードだ。姉歯氏の身内は自殺してしまった。いつも理不尽なリンチに遭うのは小さな個人だ。