ラブリーボーン 感想

ラブリーボーンの試写会に行ってきました。

場所は新宿・厚生年金会館。
JR新宿駅からだと、ちょっと遠いんですよね。

さて感想
お魚みたいな名前の「スージー・サーモン」。14歳で殺されてしまった彼女が、天国から残された家族が立ち直っていく姿を見守るという話。サスペンス的なドキドキ感とファンタジックな映像は若干あったけど、それ以外はちょっと期待ハズレとしか言えません。結局、何が言いたかったんだろう。

現実的に考えて、故人がどんなに家族を想っても、家族が故人をどんなに想っても、不思議な出来事なんて起こらない。という話にしたかったのか、”奇跡は起こる”って話にしたかったのか分からない。
少女が起こす感動の奇跡・・・そんなのあったかなぁ。

ストーリーに対して、登場人物も役どころがバラバラ。特にフェナマン刑事、リンおばあちゃん、同級生のルースは必要だったのか疑問。

映画を観たあとでチラシを見返すと、かなり内容と紹介文に違いがあって、もしかするとチラシは本編じゃなくて原作を読んで書いたのかも、と思える。

これでアカデミー賞を取るようなら、私の映画鑑賞力が低いってことでしょう。

つぶやき
「ラブリーボーン」

  • 休み時間にラブリーボーンという映画をみた。 14歳で殺されてしまった女の子が、自分の死後の家族や友人、犯人の人生を見ていく視点の映画。吹替は早見早織が淡々と語っている。遺族が事件をきっかけに崩壊しかけたり、犯人がのうのうと生きていたり、残された者達の気持ちや如何にといった所だ。
  • えっ?!?!?! ラブリーボーンLoRの監督さんだったんだ!?!?!?! 知らなかった びっくり あの映画面白かったよな~ 見に行った見に行った
  • ラブリーボーンはこんな題材をこんな表現力で…!!だった。役者も素晴らしい。ロードオブザリングの監督なんだけどそのあとに観たから指輪節すんごい。すんごいいい。 いつどこでどんな事件に巻き込まれるかわからないし少しの勇気も必要だしそれが大きな一歩に変わるし家族愛に胸熱だしもれなく泣く

関連商品「ラブリーボーン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「映画」の記事

おすすめの記事