RTCカンファレンス Vol.29 『不況撃滅』

RTCカンファレンス Vol.29 『不況撃滅』

RTCカンファレンスVol.29 『不況撃滅』というのに参加してきました。

ゲストスピーカーはグリーの社長・田中良和さん。

私の理解でメモ的にまとめたので、順番もバラバラ、本人の仰りたいことと違っているかもしれませんけど、以下にまとめます。


Greeのビジネスモデルにつて

もともと企業(広告)または個人、どちらか一方の課金に頼りたくなかった。

よく比較されるmixiやモバゲーについて

他社のサービスはほとんど見てない。

成長へのターニングポイント

モバイルビジネスへのシフト

世界一とかキライ

起業して「世界一を目指してます」という人は多いけど、本気で思っているのか疑問
どうしたら本気で取り組めるか考えている

会社とは

企業買収などについて

パワポの資料や数字で説明されても信じられない
会社は人であり人と人とが融合するのは簡単なことではない。
どれけ人同士が求め合えるか、融合しようとする情熱があるか。

アイデアと戦略

Greeの今の状態をもともと考えていたわけではない。

連続的イノベーションと非連続的イノベーションが必要
連続的イノベーションとは戦略として計画的に生み出す
非連続的イノベーションとは再現性がなく、偶然や情熱などから出てくる

エンジニアが「作ってみました」的なサービスのなから生まれることが多い
比較対象から生まれないサービス・アイデア

偶然のひらめきをきっかけに、そのひらめきを合理的に考える。

「数年後こうなる、だからこのサービスが求められる」ということを軸に、人のリテラシーは変化、その時期を見越してサービスを当て込む。
たとえばSNS・blogサービスを始めた当初、周囲の意見としてはネットで日記なんて書かない、ましてや公開しない、自分の写真をアップするなんて怖いという意見が、今ではたくさんの人が利用している。

仕事について

最初はいいサービスを作りたかった。
今はいい会社(いいサービスを生み出す人、その環境)を作りたい。

最初は楽しく仕事がしたかったのだが、今、楽しいかと聞かれると楽しくない。
仕事は使命感で働く、それが充実になっている

仕事とは

放っておいても誰かがやるであろうことを、自分がやることで少しでも早く実現すること。

社長の仕事とは

社長の仕事はなんだろうと考えること(笑)
いい会社を作るために、答えのない問題に日々悩んで考えること

社員の採用について

「こいつと仕事がしたい」と思えるような、マインドとメンタリティが合うかどうか

不況について

本来こうあるべきという姿に再構築するチャンス。
正しいものしか生き残れない。
大きく成長するには、不遇な状況を乗り越えるコーポレートパワーが必要。
どれだけ仲間を信じて一緒に仕事ができるか。

経営に夢中になっていると不況も他社も関係ない

他にもいろいろと面白い話やためになる話があるのですが、文章にまとめるのは難しいですね。やっぱり直接話を聞くのが一番なんだろうと思います。また機会があったら参加したいです。

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「田中良和」

  • 結果が出なければ誰からも褒められないけれど、努力をやめてしまったらそこで終わってしまう。どのような状況であっても前を向く、そんなメンタリティーが重要だと思っています。by田中良和
  • 経営書の類はあまり役に立たない気がします。そこに書かれている答えは正しくても、実際はその答えに行くまでが難しい。経営の難しさって本当はそこにあるのです。( 田中良和 GREE )
  • やっぱり成長、成功思考じゃないと幸せなことないんじゃないかな。 by 田中良和
  • 成功している同世代を見て、「あいつは天才、でも自分は違う」とは絶対に思いたくなかった。byGREE社長・田中良和
  • 徹の部屋#19 #Abemaビデオ で無料配信中 https://t.co/HXWThFElT1 見城徹、田中良和、杉本宏之、内藤裕紀