雑記

新しい写真も幕末風の古い写真に


この写真、先日カツカレーうどんを食べたお店です。
ずいぶん昔から営業してるように見えますよねw

この写真は「幕末古写真ジェネレーター」とうサービスでつくりました。
ブラウザから写真をアップロードすれば、こんな風に古く見える写真に変換してくれてダウロードできます。

ちなみに元の写真はこれ。



古民家の写真とか被写体によってはホントに幕末の写真に見えそう。

相沢聖司さんについて

相沢聖司さんは詩人で『心揺さぶる真実』という本を出してますが、私にはとってはそれ以前にヤプミー!です。
心揺さぶる真実
実はそんな方とは知らずにヤプミー!になってました。
そのせいか、たまに「相沢聖司」と検索して私のブログにたどり着いてしまうこともあるようなので、この記事はそのために書いてみました。
ご本人のブログはこちら
素敵な詩をこれからも書いて欲しいです。

富士山と夕焼け

ケータイで撮影しました。

画質、わるっ!
とってもきれいな夕焼けだったのに。
やっぱりデジカメは必携ですね。

来月で2年縛りの契約も開放されるからスマホにしたい。

明けの明星


夜明けの空。グラデーションがきれいでした。
右上の点が明けの明星(金星)

新年のマイブーム

正月の遊びといえば、凧あげ、羽子板、コマ回し。
今ではこうした遊びも少なくってるんでしょうか。

昨年末に旅行した温泉で、羽子板ではなくミニバトミントンにはまった我が家では、ようやく本日、バトミントンの道具を一式購入してきました。
今日は風も少なく天気も良かったので、そのままサイクリングをかねて近くの公園までお出かけ。
気がつけば二時間ぶっ続けで打ち合って、手から腕、足が翌々日をまたずに筋肉痛になりました。
しかも安物とはいえ、新品のシャトルのひとつ目はプラスチックの頭が割れ、二つ目のシャトルもボロボロ。
でも面白かったし、年末年始で採りすぎたカロリーを少しは消費したかな。

あけましておめでとうございます!

新年、あけましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。

今年は卯年、ぴょんぴょん飛び跳ねるウサギ年。

小さいことでもコツコツとフットワーク良くこなしていきたいです。

本年もよろしくお願い申し上げます。

Livlis(リブリス)で交換しました

Livlis(リブリス)というWEBサービスがあります。
twitterを通じてモノをあげたりもらったり交換したりできるサービスです。
結構いろいろなものが無料か送料負担ぐらいで貰うことができて、そのリストを眺めるだけでも面白いです。

今回、私も初めて2011年のクラブニンテンドーカレンダーが欲しくて書籍と交換しました。

クラブニンテンドーカレンダーはゴールド会員じゃないともらえません。ゴールド会員になるには年間で200ポイント以上(5000円前後のゲームソフトなら10本程度)必要なので、それをブックオフに売ろうとして本と交換できて良かったです。

交換までの流れを簡単に説明すると


1.「あげる」商品のから自分の欲しいものを選びます。
2.商品ページで「ください」ボタンをクリック。
3.その商品に複数の人が「ください」してる場合は出品した側であげる人を選びます。
4.選ばれたら自分の氏名、住所、電話番号を入力して通知します。
5.出品者側でこちらの入力情報を確認して商品を発送。
6.商品が届いたら送り主の氏名と住所へ書籍を送ります。(←イマココ)

私の場合は交換でしたが、無料でもらえたり、手渡しだったり、値段の交渉があったりと、いろいろなかたちでモノをやりとりできます。

ただし、見ず知らずの人に個人情報を開示することになるので、この辺は注意が必要ですね。
頻繁に商品をあげたりもらったりしてる人は、その相手から評価されるのでその評価で判断できそうですが、まだスタートしたばかりサービスなので、なかなか詳しく評価されてる人は少なそうです。
なので、信用できるかどうかはtwitterでの普段のつぶやきや開示してる情報を確認して判断するしかありません。

私も少々不安でしたが、今回のお相手はとても誠実な方ですぐに発送してくれたし、梱包も丁寧で商品もきれい。お礼のメッセージまで入っていて感激しました。
たぶんトラブルもあると思いますが、上手に付きあえば便利なサービスです。
来年はどんな新しいサービスが登場するんでしょうね。

見つめると色が消える画像

上の画像にある十字をじっと見つめてください。

だんだんと周りのカラーの円が消えてきませんか。
円を消すコツは目を大きく開けてよそ見をせず、真ん中にある十字を集中して見つめると良いようです。


こちらのサイトで紹介されてました。「RocketNews24

中学生、受験どころかもう就職

不景気、就職難といった昨今、近頃は中学生向けのキャリア講座があるようでオドロキ。
いったい中学生にどんなことを講義してるのか、中学生がどう受け止めているのか面白そう!私も参加してみたい。

写真素材 PIXTA
(c) Snow Cat写真素材 PIXTA

また、このキャリア講座を受講した中学生264名に「就きたい職業は?」というアンケートを行ったところ、全員が「フリーターは嫌。正社員になりたい」と答えたそうで、就きたい職業が「未定」と答えた生徒は26名、9割以上は自分の進路に対して一定のビジョンを描けているとか。

ちなみに就きたい職業のトップ10は以下の通り。



< 中学生が将来就きたい職業トップ10 >
2010年10月実施アンケート結果 (回答者数:264名)
1位 会社員(正社員) [24名]
2位 保育士 [21名]
3位 医者、看護師、医療関係 [19名]
4位 公務員 [17名]
5位 教師 [15名]
6位 獣医、動物看護師、動物関係 [14名]
6位 イラストレーター、漫画家 [14名]
8位 調理師、パティシエ、料理関係 [12名]
8位 スポーツ選手 [12名]
10位 人の笑顔を作れる仕事 [10名]

5位と6位を境目に職種が分かれてますね。10位はずいぶん漠然としてます。
ただ、アンケートの対象がこの「キャリアデザイン講座」7回を受講してきた中学1年生~2年生の生徒たちなので、堅実というかそういう家庭環境の子どもたちという偏りはありそう。
普通に学校などでアンケートをとったらもう少し違った結果になるかも。

このキャリア講座を実施してるのは進学塾「俊英館Flex」で、来年1月にも実施されます。

2011年1月 キャリアデザイン講座
対象校舎:埼玉北部エリア・群馬エリアの11校舎
対象学年:中学1年生~中学2年生
実施期間:1月10日(月)~1月29日(土)
テーマ :
 ・ニートとフリーター
 ・今までの自分、将来の夢
 ・自分の志向と仕事の種類
 ・業種と職種
 ・仕事のやりがい
 ・給与のしくみ
受講料:無料

とはいえ、中学生の頃から就職の心配しなくちゃならないとは、ほんとキビシい世の中ですね。

Twitterタイプ別つぶやき

最近すっかり一般にも浸透してきた(と思う)ツイッター。当ブログの右カラムにも自分のツイートを表示するようにしてます。ブログを更新してなくても「閉鎖してませんよ」的なメッセージになるかと思ってw

そんなツイッターのつぶやきをタイプ別に分類したという記事がありました。
あなたはどんな「つぶやきタイプ」?
面白いのは年代でつぶやき方に差がでるということ。

分類されていたのは以下の3タイプ
(個人ユーザーが発するつぶやきに限定)
・単発実況なう型
・紋切り独り言型
・はみ出し連投型

さらにそれぞれの型は年代別に当てはまる


・20代
・30代
・中高年

で、それぞれのタイプについて簡単にまとめてみました。

単発実況なう型
自分が今どこにいて、何をしているかをメインにつぶやくタイプ。誰でもしているつぶやきのように見えるが、実はケータイ世代である20代に多い。

紋切り独り言型
「おはよう」から「おやすみ」までの間、ただただとりとめのないことをつぶやくタイプ。
それは独り言のようでいて、実は不特定多数に自分の存在をアピールしている。返信(@)があれば即応するあたりに「自分の存在を確認したい」といった願望が見え隠れする。

はみ出し連投型
中高年、とくに団塊世代や、ある特定の思想信条を持った人のツイートに見られる典型。このタイプの人は、到底140字では収まらず、必ず連投する。RT(リツイート)も多用し、Twitter上で論戦を展開したがる傾向が、このタイプには多い。

もちろん世代や人種を完全に分別は出来ないけど、こうした傾向を調べてみるのは面白いですね。

ちなみに自分のツイートはブログ更新のお知らせや、企業のTwitterを使ったキャンペーンのつぶやきを除くと、やっぱり「紋きり独り言型」です。返信があると嬉しいのも一緒w

やっぱり「はやぶさ」は凄かった

「はやぶさ」って凄かったんですね。
今さらですが、みんなが感動したって理由がようやくわかりました。

ASCII.jpの記事より
「はやぶさ」は凄い。何が凄いって、人が凄い。
史上初をいくつ実現したんだ!という野心的なミッション内容だけでなく、前例がないゆえに次々と起きたトラブルを、宇宙機運用技術の粋を尽くして乗り越えたその手腕が凄い。


そして、それに応えた「はやぶさ」も凄い。
何かもう意思があって、プロジェクトメンバーの熱意を汲み取っているとしか思えないような挙動の数々。
プロジェクト責任者である川口淳一郎教授をして、「はやぶさ自身がこちらからの声、伸ばした手に応えてくれた」と言わしめた。
「不具合を起こしたエンジンが2基同時運転で復旧した」とか「リチウムイオン電池に充電できた」と聞いただけで快哉を叫びたくなるなんて、そうあるものではない。(ASCII.jpの記事

はやぶさ」の主なミッションはどれもが史上初の偉業ばかり
・イオンエンジンを使った惑星間飛行
・光学補正を利用した自律誘導航法
・小惑星からの試料採取
・地球スイングバイ
・再突入カプセルを使って地球へ試料を持ち帰る

2003年05月09日13時29分 打ち上げ
2005年 夏 小惑星イトカワに到達しサンプル採集
2010年06月13日22時51分 地球に大気圏再突入

そんな「はやぶさ」の偉業と日本の技術の素晴らしさを伝える絵本も

商品の詳細帰ってきた「はやぶさ」-小惑星探査機 7年60億キロの旅
「小惑星の物質を持ち帰る」という“世界初”の壮大なおつかい、大成功!!
“人の心を持った”小型探査衛星
地球のみんなの願いを、傷つき、ボロボロになりながらもけなげにかなえた、ちっちゃな探査衛星。
最期は自ら燃え尽き、大切なおつかいの品をちゃんと届けてくれた。ありがとう。そしておかえり。

きっと映画化もされるんでしょうね。いやぜひ見てみたい!

過去に学ぶ

”不景気なったら書生っぽやらスネかじりが見てきたみたいに外国が攻めて来るとか言い出すからな。
世の中不安になったら今度はお上が本やら芝居やらが低俗や、けしからん言い出したら戦争や。
みんな戦争したなるねん。わしそんなん2回も見た。”

これはツイッターでつぶやかれていたもので、ツイート主のお爺さんの言葉のようです。

これをみて最近の日本の情勢が集約されてる思った。特に「わしそんなん2回も見た」っていうのがおじいさんの歴史と思いを感じます。

最近の政治のニュースはどれも暗いものばかりで、本当に日本は大丈夫なのかと心配になる。こうして生活が不安になると、自分の足下を見ずにその原因を他に求めてしまうのかも。また、誰かの煽り立てる根拠のないウワサに流されたりとか。

過去の経験を教訓に、本当に戦争なんかならないようにしてなくちゃですね。

家電のペットネーム

ペットネームって知ってますか?
これは自分の飼ってる動物の名前じゃなくて、広告業界の用語で商品に付けられる名称のことを「ペットネーム」というそうです。
そんなペットネームを集めたサイトがありました。
ペットネーム研究所
こうして一覧で見てみると面白いし、ネーミングの参考になるかも。(ネーミングを考えることなんてほとんどないけどw)

たとえば炊飯器と液晶テレビのペットネームにはこんなものが。


炊飯器のペットネーム

 炊きたて / タイガー魔法瓶
 極め炊き / 象印
 おどり炊き / 三洋電機
 蒸気レスIH 本炭炊 / 三菱電機
 銀シャリ竈(かまど)炊き / パナソニック
 真空圧力炊き / 東芝
 圧力&スチーム / 日立 

液晶テレビのペットネーム

 アクオス AQUOS / シャープ
 ブラビ BRAVIA / ソニー
 レグザ REGZA / 東芝
 ビエラ VIERA / パナソニック
 リアル REAL / 三菱電機
 ウー Wooo / 日立
 ヴィゾンVIZON  / 三洋電機
 エグゼ EXE / 日本ビクター

ちなみにウチにある家電のペットネーム

 ビエラ VIERA /パナソニック 液晶テレビ
 霧が峰 / 三菱電機 エアコン
 ヘルシーシェフ / 日立 オーブンレンジ
 ウォームステンレス / 三菱電機 冷蔵庫

液晶テレビは商品のイメージや海外にも販売するためか英語が多いですね。(というか英語ばっかりw)。白物家電は生活に密着してるから、わかりやすくてイメージしやすいネーミングなんでしょうか。
やっぱり名前(ネーミング)って大事ですね。

ネーミングに関する書籍
・最新ヒット商品をつくるネーミング辞典第2版
・13か国語でわかる新・ネーミング辞典
・売れる!伝わる!ネーミング など

リニューアルしました

6年前、2004年の6月にスタートしたblog-m、今回ちょっと大掛かりなリニューアルをしてみました。

11月20日にリニューアル版を公開したのに、リニューアルのお知らせ記事は12月4日というあいかわらずのゆるゆる運営。
あまり変わった感がないかもしれませんが、以前のイメージも残しつつというのがテーマのひとつだったので。

記事は読みやすく、でもアフィリエイトも入れたいな、ということで縦長のバナーをブログの外に置いてみました。最近流行のソーシャルボタンとか、twitterのタイムラインも入れてみました。

あ、公開当初もいろいろと不備な点の指摘をいただきましたが、もしお気づきの点があればコメントください。
とまあ、リニューアルのタイミングはすごーく気まぐれでしたが、これからもどうぞ「blog-m」をよろしくお願いいたします。

12月の誕生B

12月誕生Bの皆様、おめでとうございます!

ブログの誕生Bに参加したいという方は、以下の項目をコメントかトラックバックでお願いします。

写真素材 PIXTA
(c) Graph-S写真素材 PIXTA

1.ブログ名
2.URL
3.ブログの誕生日(開始した日でも、自分で決めちゃった日でもOK)
4.はじめての記事へURL、または誕生日と決めた日の記事へのURL

※誕生Bへの参加は、ブログを開設して1年未満の方でもOKです。
※アダルト系のブログのご参加はご遠慮ください。

Yahoo! クリエイティブアワード

Yahoo!JAPAN インターネット クリエイティブアワード2010の受賞作品が発表されました。
どの作品も素晴らしかったり面白かったりするけど、私が特に良かったと思うのはこの2作品。

iPadが超素敵に見える華麗なマジック

「コミュニケーションの過去と未来」 をテーマにした素晴らしいマジック



TOTOTALK

未来のトイレはこうなるかもw

年末ジャンボ発売

ちょうど出勤途中、まさに発売開始の時間に通りかかりました。
行列もすごかったけど、平日の朝からイベントチックなことをしてることに驚き。
報道陣もの数もすごい!
↓こんな本まであるそうで。
「宝くじは、有楽町チャンスセンター1番窓口で買え!」は本当か?

ちなみに高額(一千万以上)の当選者に渡される冊子「その日から読む本」というのもあるそうです。こっちのほうが読んでみたい。

通勤時の消費カロリーとダイエット

先日、飲んでる席で「通勤時のカロリーはどれくらい消費してるんだろう」という話題になり、気になったので調べてみました。

METSエネルギー換算法というの計算では
消費カロリー=体重(kg)×METS×運動時間(h)
※METS=安静時を1とする
となるそうです。

体重65kgの私の場合


(服や荷物を合わせるとそれ以上だけど)
片道1時間、METSは乗り物内で立っている場合「2」なので
65 x 2 x 1=130kcal 往復だと260kcal

ちなみに徒歩(片道20分)のカロリー計算もすると
65 x 4 x 0.3=78kcal、往復で156kcal
※METS=普通速度の徒歩は4

ということで1日の通勤で消費するカロリーは416kcal
やっぱり大した事ないですね。

それじゃ、そもそも1日でどれくらいカロリーを消費するのかとうと

寝てるとき
65 x 1 x 6 = 390kcal

仕事(ディスクワーク)
65 x 2 x 8 = 1040kcal
※METS=指標がなかったので2くらい?

その他 (家でテレビ見たりパソコンしたり)
65 x 1 x 7 = 455kcal
※METS=あまり運動らしい事をしないとう前提で1

合計
260+78+390+1040+455=2223kcal
となってこれが私の1日の消費カロリー(かなりザックリした計算だけど)

これよりも摂取カロリーを少なくすれば自然とやせるはず。
実際、カロリーを気にするようにしてから3ヶ月たち、体重も3kgくらい減りました。
朝昼晩、普通に家食&弁当だけなら良いんだけど、たまに外食したり飲みに行ったりするとすぐにカロリーオーバーになっちゃう。もちろん間食も禁物。
休日などは運動しないのに普段より食べちゃうし、飲んじゃうし。
ダイエットは日々自分の欲求との戦いです。

それと、おまけとして水を飲むようにしてます。やっぱり代謝(トイレの回数)が違いますね。
周囲では2リットルのペットボトルを飲んでる人も多いけど、私は500ml。これでも気をつけてないと飲みきれない。

毎日体重計に乗ってカレンダーに体重を記入しておくのもおススメ。
こうしたことを気にしすぎるとつらいけど、習慣化するまでの辛抱。
人の行動は習慣化するまでは3ヶ月くらい必要だそうです。

それと摂取カロリーはたいてい出費に直結してませんか。
摂取カロリーを控えるという事は自分の財布の紐を締めること。
私は間食を「自分の体重が減ってお金も貯まる」と思って我慢してます。

ただし、外食と飲み会だけは今のところ控えられず、誘われるままに(むしろ自分から)行っちゃいます。だからなかなか平均体重にとどかない。
昨日もカレー&ビールという今までの努力を洗い流すような飲み会でした orz

「美術館に行かない」46.2%の理由

インターネットの調査結果で「行かない人の理由」というにちょっと興味がわきました(私は美術館に行くのが好きなので)。
行かない人の理由といえば単に「興味がない」のかと思ったら、意外とこの理由は3位。
その他、上位5位の理由は



 きっかけがない (46.0%)
 近くに美術館がない (41.0%)
 絵画や美術品に興味がない (30.7%)
 入場料が高い (24.5%)
 時間がない (19.3%)

だそうです。(46.2%の人が「美術館に行かない」――その理由は?より)

私も最初は興味があっても近くに美術館がなかったり、どんな展覧会が自分にあってるのか分からなかったり、行ったことがない場所というのは行きにくいのかもしれません。自分がどんなきっかけで美術館に行くようになったのかは忘れてしまいましたが、静かな広い空間でゆっくり美術鑑賞できるのは特別な時間を過ごしてるようで大好きです。
たしかに入場料はちょっと高いと感じるかも。

美術館には行かないけどちょっと興味があるという方、美術を題材にしたマンガ「ギャラリーフェイク」が面白くておすすめです!(原作者の細野不二彦は「さすがの猿飛」「Gu-Guガンモ」を描いた人)

朝の光

今朝の通勤途中、空も道路も白くなるほど眩しい日光でした。

もっと構図とか選びたかったけど、出勤途中で通行人も多いし、こういうところで写真を撮るのってなんとなく恥ずかしい。
写真好きな人って、他人の目は気にならないのかな。